• 上映中の作品
  • 待機作品
  • WEEKLY NEWS
  • 前売鑑賞券
  • 料金&割引
  • よくある質問
  • オンラインチケット

作品紹介

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

~4/14(金)まで

名匠エドワード・ヤン監督が1991年に発表した伝説の傑作が、
4Kレストア・デジタルリマスター、3時間56分版でスクリーンに蘇る!

名匠エドワード・ヤン監督が1991年に発表した傑作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』。BBCが1995年に選出した「21世紀に残したい映画100本」に台湾映画として唯一選ばれ、2015年釜山映画祭で発表された「アジア映画ベスト100」の第7位になるなど、映画史上に残る傑作として評価されながらも、日本では初上映以来25年間DVD化もされず、観る機会が殆どなかった。世界中のクリエイターに影響を与え、上映が渇望されていた伝説の傑作が4Kレストア・デジタルリマスター版で蘇る。光と闇の世界をスクリーンで体感できる時が遂にやってきた。

1960年代初頭の台北。夜間中学に通う小四(シャオスー)は不良グループ“小公園”に属する王茂(ワンマオ)らとつるんでいた。小四はある日、小明(シャオミン)という少女と知り合い、淡い恋心を抱く。小明は小公園のボス、ハニーの女だった。姿を消していたハニーが突然戻ってきたことでグループ同士の対立は激しさを増し、小四たちを巻き込んでいく。1940年代後半に中国から台湾に移った外省人とその子供たち。中国に戻ることも出来ず、閉塞感に押しつぶされそうになりながら、必死に生き抜いていく。エルヴィス・プレスリー、ジョン・ウェイン主演の西部劇、トルストイの「戦争と平和」。海外の文化に憧れる彼らは、自分たちの手で未来は変えられる、この世界を照らしだすことが出来ると信じて....。1961年に台北で起きた事件に着想を得た本作は、青春期特有のきらめき、残酷さを描くと同時に、一人の少年とその家族、友人達を描くことで、その背景の社会をも透徹した視線で見事に描ききっている。                  

  • 監督・出演

    監督 : エドワード・ヤン
    出演 : チャン・チェン リサ・ヤン ワン・チーザン クー・ユールン
    エレイン・ジン

  • 配給会社

    ビターズ・エンド

  • 上映時間

    236分

PG-12 日本語字幕版 デジタル上映

© 1991 Kailidoscope

公式ホームページはこちら

 牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

  • オンラインチケット購入はこちら
  • オンラインチケット購入方法はこちら

備考

■3/25(土)~4/14(金)の上映スケジュール
 ① 10:50 (~終14:55)
 ② 18:30 (~終22:35)
 ※予告編は7分程と短くなっております。

※4/14(金)までの上映です。

★途中休憩はございません。
★本作は≪特別料金 2,200円(一部イベント上映を除く)≫となります。詳しくはコチラ

☆全席指定・各回入替制となります。
☆前売券をお持ちの方は、劇場窓口にて日時・座席指定券にお引換えが必要となります。

キャンペーン

  • TCGカード 会員サービスのご案内
  • 角川シネマ有楽町 twitter公式アカウントはこちら
  • 3Dデジタル上映について
  • ムビチケ 公開前

@オンラインチケットのご利用に際して

  • 購入方法
  • 確認方法
  • 購入はこちら