• 上映中の作品
  • 待機作品
  • WEEKLY NEWS
  • 前売鑑賞券
  • 料金&割引
  • よくある質問
  • オンラインチケット

ホーム > 角川シネマ新宿 > 作品紹介

作品紹介

涙の数だけ笑おうよ 林家かん平奮闘記

9/3(土)~

どんなに辛くても、どんなに苦しくても、頑張っていれば――

座布団から車椅子へ、それでも落語を続けたい!

気っぷのいい語り口で将来を嘱望されていた林家かん平が、脳溢血で倒れたのは、1990年の10月、師匠林家三平(先代)の追善興行の打ち上げの夜でした。症状はかなり重くて、右半身不随を落語家の命とも言える言語に障がいが残りました。
3年に及ぶ厳しいリハビリの入院生活を繰り返し、高座に復帰します。元気な時のような滑らかな口調の落語は出来なくなっていましたが、好きな古典落語はそれなりに味のある喋り口調で演じていました。
しかし25年の歳月は、いくらリハビリの励んでいても体力、気力の衰えは隠しようがなく、高座も座布団から車椅子に変わり、得意としていた古典落語も、思うように喋れなくなってきていました。
なんとか噺家を続けたい・・・
そんなある日、朝のテレビドラマを見ていたかん平は劇中の主人公が言った台詞に強く胸を打たれます。それは、
頑張っていれば、きっと神様がご褒美をくれる
という言葉でした。
以来、落ち込んで心が折れそうになった時、いつもこの言葉を思い浮かべるようにしました。
そして、かん平は一念発起し、得意の古典落語から新作落語に挑戦してみようと決意します。老いと病いという現実に立ち向かいながら、それがどんなにハードルが高くても頑張ろうと。
やがて、その頑張りが彼の生きがいになります。
この作品は、車椅子の落語家林家かん平が体験する過酷なリハビリ生活や同居する母の介護、さらに仲間たちとの暖かいふれあいの中で、創作落語を作り、高座で演じるまでの日々を一年に渡って撮影したものです。その生き様を通して同じ障がいを持つ人はもちろんのこと、多くの人々に感動と生きる勇気を伝えたいというのが願いです。

  • 監督・出演

    ナレーター:津川雅彦
    企画・製作:萩野和仁
    プロデューサー:安西志麻
    製作補:原田雅昭
    撮影:杉浦 誠
    音楽:大野恭史
    トランペット演奏:牧原正洋
    監督・編集:竹藤恵一郎

  • 配給会社

    オフィス・シマ

  • 上映時間

    85分

デジタル上映

©2016 NKW製作委員会 All Rights Reserved.

公式ホームページはこちら

涙の数だけ笑おうよ 林家かん平奮闘記

  • オンラインチケット購入はこちら
  • オンラインチケット購入方法はこちら

備考


★9/3(土)より上映致します。

▼9/3(土)11:00の回、上映後にかん平師匠の高座あり 詳しくはコチラ
■9/3(土)のみ・・・・・・11:00上映後高座あり / 14:00(~終15:35)

■9/4(日)~9(金)・・・11:00 / 13:00(~終14:35)

■9/10(土)以降の上映は未定です。


※シネマ1(300席)での上映となります。
※完売の際はご鑑賞頂けませんので、予めご了承下さい。
※前売券をお持ちのお客様は座席指定券との引換えが必要となりますので、お早めにお引換え下さい。

キャンペーン

  • TCGカード 会員サービスのご案内
  • 角川シネマ新宿 twitter公式アカウント
  • ムビチケ 公開前予約
  • デジタル上映バナー

@オンラインチケットのご利用に際して

  • 購入方法
  • 確認方法
  • 購入はこちら