• 上映中の作品
  • 待機作品
  • WEEKLY NEWS
  • 前売鑑賞券
  • 料金&割引
  • よくある質問
  • オンラインチケット

ホーム > 角川シネマ新宿 > 作品紹介

作品紹介

生誕100年記念映画祭「市川崑 光と影の仕草」

1/16(土)~2/11(木)まで

その出会いは永遠に色褪せない---


 この度、KADOKAWAでは「雷蔵祭 初恋」「若尾文子映画祭 青春」に続いて市川崑の生誕100年記念映画祭「市川崑 光と影の仕草」を開催致します。
 1948年市川崑はデビュー作『花ひらく』以降、新東宝を皮切りに東宝、日活、大映と各社をまたにかけ、『ビルマの竪琴』『東京オリンピック』『犬神家の一族』などジャンルにしばられることなく常にエポックメーキングとなる話題作を世に送り出しました。そのいずれの作品においても徹底した美意識が貫かれ、大胆な実験精神とスタイリッシュな演出スタイルは多くの観客を魅了し、日本映画界に独自の地位を築きました。1997年に『黒い十人の女』がリバイバル上映されると、若い世代から絶賛され大ヒットを記録するなど、そのスタイルは時代を超えて愛されています。
 現在活躍するクリエイターに与えた影響もはかり知れず、山田洋次をはじめ、三谷幸喜、庵野秀明、岩井俊二などの現在第一線で活躍するクリエイターで市川崑ファンを公言する人は少なくありません。
 本年開催された第65回ベルリン国際映画祭での特集上映にはじまり、香港国際映画祭、世界での巡回上映など海外で再評価されています。また日本においても、第28回東京国際映画祭で『炎上』4Kデジタル復刻版のジャパン・プレミアをはじめ、1970年大阪万博日本館で上映された8面マルチ映像作品『日本と日本人』や海外で発見され新聞でも大きく報じられた初期のアニメーション作品「弱虫珍選組」が上映されるなど、大きな話題を呼んでいます。
 今回の映画祭では監督として更なる進化を遂げた大映時代の作品を中心に、市川崑を語る上では外せないと思われる作品を中心にラインナップしました。
 「映像は所詮、光と影だと思います、光と影がドラマなのです。その光と影は、尽き果てることのない永遠のものだと思います。」光と影を駆使し、漆黒の闇の世界に儚くも美しい家族の愛を照射させ、まばゆい光の中に人間の孤独を描いた市川崑―デジタル復元を施した『おとうと』『雪之丞変化』『炎上』など日本映画史に燦然と輝く傑作の数々を是非ご堪能頂ければ幸いです。

2016年1月16(土)~2月11日(木)一挙上映!!

  • 監督・出演

    公式サイトよりご確認ください。

  • 配給会社

    KADOKAWA

  • 上映時間

    公式サイトよりご確認ください。

©KADOKAWA

公式ホームページはこちら

生誕100年記念映画祭「市川崑 光と影の仕草」

  • オンラインチケット購入はこちら
  • オンラインチケット購入方法はこちら

備考


★1/16(土)より上映いたします。

▼舞台挨拶&トークショーのお知らせ詳細はコチラ

■上映作品及び上映時間は、『市川崑映画祭 光と影の仕草』公式HPからご確認ください。

※作品により映像・音声が必ずしも良好でない場合がございます。予めご了承ください。
※シネマ1(300席)での上映となります。
※全席指定・定員入替制。チケット完売の際はご鑑賞頂けませんので、予めご了承下さい。
※こちらの作品は特別料金【一般1,600円/大学・高校1,300円】です。
 親子割キャンペーン:親子での来場に限り、一人1,000円で鑑賞頂けます。(オンラインは対象外)
 その他割引サービス(水曜・映画サービスデー、シニアなど)適用可。詳しくは直接劇場へ。
※前売券をお持ちのお客様は座席指定券との引換えが必要となりますので、お早めにお引換え下さい。

キャンペーン

  • TCGカード 会員サービスのご案内
  • デジタル上映バナー
  • 角川シネマ新宿 twitter公式アカウント
  • ムビチケ 公開前予約

@オンラインチケットのご利用に際して

  • 購入方法
  • 確認方法
  • 購入はこちら